中学受験 首都圏模試センター

マイページログイン/インターネット申し込み・志望校登録・連結処理



2015/09/02

入試

女子2月1日PM入試校の人気動向(来春2016年入試予測)

いよいよ9月を迎え、現在小6の中学受験生と保護者は、来春2016年入試に向けて、本格的な「学校選び」に取り掛かる時期になりました。9月6日(日)には首都圏模試センター小6第3回「統一合判」も各地の私立中高会場で実施されます。

今回の一連の記事では、先の7月5日(日)に実施された首都圏模試センター小6第2回「統一合判」の志望状況から読み取れる、来春2016年入試の予想をお伝えしています。

seiryou_02.jpg今回は「男子2月1日AM入試校」、「女子2月1日AM入試校」、「男子2月1日PM入試校」に続いて、「女子2月1日PM入試校」の志望動向をお伝えしていきましょう。

7月度「統一合判」で、この2月1日PM入試の判定対象校に設定されていたのは計131校(共学校の男女も各1校と数えたのべ学校数)。その志望者の合計は4,116名(昨年3,739名。 △377名。110.1%)で、昨年よりも400名近く増えています。女子も男子と同様に、それだけ「午後入試を上手に活用(受験)しよう」と考える受験生の保護者が増えてき たということでしょうか?

女子2月1日PM入試-1.jpgそれでは都内の私学の人気動向から見ていきましょう。

まず、志望者の平均偏差値が最も高い◎広尾学園②は61名(昨年74名。▲13名。82%)で、やや志望者が減少しています。しかし◎広尾学園②インターSGは24名(昨年16名。△8名。150%)と、逆に志望者が増加。同校はこの2月1日PMの②と2月5日の③の女子を除いた全回の入試で男女とも志望者を増加させていることに注意が必要です。

◎国学院大学久我山ST①は51名(昨年42名。△9名。121%)はやや志望者増。◎東京農業大学第一①は135名(昨年133名。△2名。102%)、◎東京都市大等々力(S特選①は24名(昨年22名。△2名。109%)と、わずかながら志望者を増やしています。

◎青稜①Bは83名(昨年56名。△27名。148%)と志望者の増加が目立っています。新校舎も完成し、大学進学実績も好調なだけに、来春も安定した難度を維持しそうです。◎順天①Bは62名(昨年33名。△29名。188%)と、男子と同様に志望者の増加が目立ちます。とくに同校の女子は全回の入試で人気増加傾向にあることが注目されます。
◎安田学園(先進特待②)は38名(昨年36名。△2名。106%)と、わずかながら志望者増。◎成立学園②特待は2名(昨年1名。△1名。200%)の志望者となっています。
◎淑徳(東大選抜①)は38名(昨年40名。▲2名。95%)、◎実践学園②は11名(昨年12名。▲1名。92%)と、微減ながらほぼ昨年並みの志望者を集めています。

都内の大学付属校では、◎明治学院①が124名(昨年79名。△45名。157%)と大幅な志望者増が目立っています。同校の女子は3回の入試とも人気が増加しています。◎東京電機大学②は29名(昨年25名。△4名。116%)と、やや志望者を増やしています。

共学化(校地移転)2年目となる◎東洋大学京北②は50名(昨年27名。△23名。185%)と、この2月1日午後でも志望者を倍増させています。同校は男女ともほぼ全回の入試で志望者を増加させており要注意です。とくに2月2日の③、4日の④は募集定員が極端に少ないため非常に厳しい入試になることが予想されます。第一志望の受験生は、2月1日の①・②で挑んでいく必要があるでしょう。

このほか、◎玉川学園②は33名(昨年26名。△7名。127%)、◎多摩大学目黒(特待・特進①は24名(昨年17名。△7名。141%)、◎立正大学付属立正①PMは18名(昨年11名。△7名。164%)が志望者を増加させています。

逆に、◎桜美林2/1PMは47名(昨年61名。▲14名。77%)、◎多摩大学附属聖ヶ丘②は36名(昨年51名。▲15名。71%)、◎城西大学附属城西①PMは15名(昨年21名。▲6名。71%)、◎文教大学付属②は22名(昨年36名。▲14名。61%)と、いずれもこの2月1日午後では志望者をやや減らしています。○日本大学豊山女子②は62名(昨年90名。▲28名。69%)と、志望者を減少させいます。

都内の女子大学付属校(半進学校を含む)では、○共立女子第二①PMは19名(昨年28名。▲9名。68%)と、やや志望者減。

女子2月1日PM入試-2.jpg都内の共学進学校では、◎宝仙学園共学部2/1PM特待が16名(昨年9名。△7名。178%)、◎共栄学園②特待・特進1が24名(昨年21名。△3名。114%)と、ともに志望者をやや増加させています。◎東京立正①PMは3名(昨年7月は未判定対象)の志望者です。
◎八王子学園八王子①PM:13名(昨年15名。▲2名。87%)と、昨年並みの志望者です。

このほか◎東京成徳大学①午後は16名(昨年22名。▲6名。73%)、◎駒込②スーパーアドバンスは21名(昨年28名。▲7名。75%)、◎淑徳巣鴨(特進①)は12名(昨年23名。▲11名。52%)、◎帝京①PMは2名(昨年5名。▲3名。40%)、◎目白研心②は8名(昨年13名。▲5名。62%)と、いずれもやや志望者を減らしています。

神奈川の大学付属校では、◎関東学院①Aは58名(昨年77名。▲19名。75%)、◎関東学院六浦A②は17名(昨年20名。▲3名。85%)と、やや志望者減。◎鶴見大学附属(難関進学①)は20名(昨年21名。▲1名。95%)と、ほぼ昨年並みの志望者です。ただし、同じ神奈川の大学付属校では来春から、この2月1日午後に日本大学A②(2科。定員男女40名)が新設されます(※9月模試から判定対象に設定)ので、今後の人気動向の変化に注意が必要です。

神奈川の共学の進学校では、◎湘南学園Aは43名(昨年51名。▲8名。84%)と、ここではやや志望者減。◎自修館A②は17名(昨年14名。△3名。121%)と、わずかながら志望者を増やしています。

都内の女子進学校(半付属校を含む)では、○東京女学館(一般②)は118名(昨年91名。△27名。130%)、○江戸川女子(AO入試)は123名(昨年100名。△23名。123%)と、ともに志望者の増加が目立っています。

さらには、○大妻中野②アドバンスト選抜が211名(昨年171名。△40名。123%)と、大幅な志望者増となっており、今後の人気動向が注目されます。同じ大妻学院系列の○大妻多摩(午後入試)も102名(昨年93名。△9名。110%)と、やや志望者を増加させています。

○恵泉女学園Sは174名(昨年274名。▲100名。64%)と大幅に志望者を減少させています。今春2015年のサンデーショック、昨年2014年のプレ・サンデーショックのもとで大人気を集めた反動もあって、予想通りの減少傾向となっています。
○実践女子(GSC・一般)は64名(昨年36名。△28名。178%)と、今年は人気増加が目立っています。○北豊島(特待①)は23名(昨年13名。△10名。177%)と志望者増。

○目黒星美学園①PMは35名(昨年31名。△4名。113%)、○星美学園①PMは9名(昨年5名。△4名。180%)と、同じサレジオ会系列のカトリック姉妹校は、やや志望者を増やしています。
やはりカトリック系の○聖ドミニコ学園②は10名(昨年13名。▲3名。77%)と、わずかに志望者減。○東京純心女子SSS・PM①は21名(昨年20名。△1名。105%)はほぼ昨年並みの志望者を集めています。

プロテスタント系の○女子聖学院②は64名(昨年68名。▲4名。94%)と、わずかに志望者減。ただし同校は最近、非常に積極的な改革や広報姿勢を打ち出し、新たに英語入試の導入なども公表していますので、今後の人気動向が注目されます。○玉川聖学院②は43名(昨年64名。▲21名。67%)と、志望者の減少が目立っています。

このほか○川村②は9名(昨年18名。▲9名。50%)とやや志望者減。○京華女子①PM・一般は7名(昨年3名。△4名。233%)、○京華女子①PM・特待は8名(昨年6名。△2名。133%)と、人気上昇のベクトルを感じさせる状況になっています。○トキワ松学園①特待は20名(昨年18名。△2名。111%)と、わずかながら志願者増。○神田女学園(アドバンスト①は5名(昨年4名。△1名。125%)も人気を増している印象です。

神奈川の女子進学校(半付属校を含む)では、○カリタス女子①は131名(昨年136名。▲5名。96%)と、ここではわずかに志望者減。しかし②・③では志望者が増加しているため要注意です。

○青山学院横浜英和Aは203名(昨年56名。△147名。363%)は、さらに大幅な志望者増となっています。来春2016年入試の“台風の目”になることは間違いないでしょう。

このほか、○捜真女学校Aは72名(昨年60名。△12名。120%)、○鎌倉女子大学(特進①)は17名(昨年5名。△12名。340%)、○相模女子大学②は33名(昨年28名。△5名。118%)が志望者を増加させています。

逆に、○神奈川学園A・PMは99名(昨年142名。▲43名。70%)は志望者の減少が目立っています。○聖園女学院②は49名(昨年56名。▲7名。88%)、○横浜女学院Bは49名(昨年61名。▲12名。80%)、○緑ヶ丘女子①Bは1名(昨年6名。▲5名。17%)、○北鎌倉女子学園(普通B)は5名(昨年17名。▲12名。29%)、○横浜富士見丘学園①Bは21名(昨年24名。▲3名。88%)と、いずれもやや志望者を減少させています。

また、この女子2月1日PM入試にあっても、三田国際学園を筆頭に、いわゆる「21世紀型教育」導入推進校が全体に高い人気を集めており、以下のような志望状況になっています。
◎三田国際学園②本科は85名(昨年49名。△36名。173%)。
◎三田国際学園②インターは37名(昨年7月は未判定対象)。
◎開智日本橋学園②特待:59名(昨年7月は未判定対象)。
◎かえつ有明2/1PM・特待:45名(昨年22名。△23名。205%)。
○文大杉並(難進グローバル1):43名(昨年21名。△22名。205%)。
○富士見丘(1日午後):21名(昨年14名。△7名。150%)。
◎工学院大学附属①B:特待は4名(昨年8名。▲4名。50%)。
◎聖徳学園(一般入試②):6名(昨年5名。△1名。120%)。
◎聖徳学園(特待選考①)は5名(昨年4名。△1名。125%)。
◎桜丘②:12名(昨年13名。▲1名。92%)。
○佼成学園女子①B:2名(昨年5名。▲3名。40%)。
○東京女子学園①A・PM:18名(昨年27名。▲9名。67%)。
○八雲学園①は143名(昨年165名。▲22名。87%)と志望者を減らしていますが、同校の英語教育、感性教育は私学のなかでも出色であり、大学進学実績も目立って伸びているため、今後の人気動向に注目したいところです。

女子2月1日PM入試-3.jpgこのほかにも、都内の女子進学校のなかには、意欲的な改革で新たな教育環境、教育プログラムを整え、さらなる進化を期している学校がいくつもあります。以下の学校はそうした点が注目され始めており、やはり今後の人気動向に注目していくべき学校として挙げられるでしょう。
○十文字②スーパー型特待:152名(昨年112名。△40名。136%)。
○中村①特待C:77名(昨年60名。△17名。128%)。
○東京家政学院1日PM:13名(昨年16名。▲3名。81%)。
○東京家政大学附属②特奨:54名(昨年33名。△21名。164%)。
○文京学院大学女子②:29名(昨年23名。△6名。126%)。
○和洋九段女子②:96名(昨年85名。△11名。113%)。
○白梅学園清修①PM:9名(昨年2名。△7名。450%)。
○麹町学園女子2/1PM:57名(昨年55名。△2名。104%)。
◎上野学園Sアドヴァンスト:2名(昨年7月は未判定対象)。
○武蔵野女子学院(選抜①):29名(昨年31名。▲2名。94%)。
○聖和学院①B:7名(昨年5名。△2名。140%)。
◎上野学園Sプログレス:1名(昨年1名。△0名。100%)。
◎上野学園Bアドヴァンスト:4名(昨年2名。△2名。200%)。
◎上野学園Bプログレス:1名(昨年1名。△0名。100%)。
○神田女学園(グローバル②):1名(昨年名。△1名。#DIV/0!)

また、私学の「適性検査型入試」を実施する学校は、現時点では下記のような志望状況です。
◎開智日本橋学園②適性:8名(昨年7月は未判定対象)。
○共立女子第二(適性検査型):6名(昨年5名。△1名。120%)
○千代田女学園(適性A):3名(昨年7月は未判定対象)。
◎郁文館②適性・特別奨学生:2名(昨年7月は未判定対象)。
◎成立学園②適性検査型:2名(昨年7月は未判定対象)。

そのほか「女子2月1日AM入試校」を、大まかに「志望者増加(昨年プラス3名以上)」・「昨年並み(昨年プラスマイナス2名以下)」・「志望者減少」に分けると以下のようになります。

【志望者増加(昨年プラス3名以上)】
なし。

【昨年並み(昨年プラスマイナス2名以下)】
○千代田女学園①アドバンスト:5名(昨年7名。▲2名。71%)。
◎日出①PM:1名(昨年名。△1名。#DIV/0!)。
◎帝京八王子①B:2名(昨年4名。▲2名。50%)。
◎武蔵野東①PM:2名(昨年1名。△1名。200%)。
◎目黒学院②:2名(昨年名。△2名。#DIV/0!)。
◎横須賀学院①:12名(昨年13名。▲1名。92%)。
◎国士舘②:1名(昨年2名。▲1名。50%)。
◎松蔭①PM:2名(昨年名。△2名。#DIV/0!)。
◎駿台学園②:2名(昨年1名。△1名。200%)。
◎横浜隼人②:3名(昨年4名。▲1名。75%)。
○北豊島AO特待:4名(昨年4名。△0名。100%)。
○東京女子学院①PMは:名(昨年5名。▲2名。60%)。
○小野学園女子(特待生①):7名(昨年9名。▲2名。78%)。
○駒沢学園女子①スカラシップ:6名(昨年6名。△0名。100%)。
◎横浜創英②:11名(昨年11名。△0名。100%)。
◎東海大学菅生①B:2名(昨年4名。▲2名。50%)。
◎横浜翠陵②:7名(昨年7名。△0名。100%)。
◎啓明学園①PM:2名(昨年1名。△1名。200%)
○瀧野川女子学園①PM:2名(昨年3名。▲1名。67%)
◎アレセイア湘南①PM:1名(昨年1名。△0名。100%)

【志望者減少(昨年マイナス3名以上)】
◎郁文館(特別奨学生)は2名(昨年7名。▲5名。29%)

 

続いてこれ以降、「女子2月2日AM入試校」→「男子2月2日AM入試校」→「女子2月2日AM入試校」~の順で、入試日程ごとに志望動向を追ってご紹介していきます。

【来春2016年入試予想・関連記事】
◆2016年、男子2月1日AM入試校の人気動向
◆2016年、女子2月1日AM入試校の人気動向
◆2016年、男子2月1日PM入試校の人気動向
◆2016年、女子2月1日PM入試校の人気動向
◆2016年、男子2月2日AM入試校の人気動向
◆2016年、女子2月2日AM入試校の人気動向
◆2016年、男子2月2日PM入試校の人気動向
◆2016年、女子2月2日PM入試校の人気動向

(首都圏模試センター/北一成)

 

入試の記事一覧

【学校コード表・偏差値検索】志望校記入をお考えの方はこちら
【塾申込み】塾を通して申し込む方はこちら
【個人申込み】個人での申し込み方法はこちら