中学受験 首都圏模試センター

マイページログイン/インターネット申し込み・志望校登録・連結処理



2016/01/22

入試

渋谷教育学園幕張の一次入試には首都圏優秀生が一堂に!

将来の日本を支える頭脳をもつ子どもたちが集結する入試

20160122_shibuyamakuhari-1_4363.jpg2016年、男女あわせて1,899名の出願者があった渋谷教育学園幕張。魅力的な教育内容と校風により、一都三県を越えて入学希望者が後を絶たない高い人気を誇る同校。毎年右肩上がりで受験生数が増えていますが、今年はこの数年で最も多くの受験生を集め、厳しい入試となりました。

20160122_shibuyamakuhari-1_4246.jpg東京・神奈川入試が始まる2月1日には、私学各校への入試に臨む受験生が、この日ここに集結したということは、日本でも屈指の実力をもつ中学受験生たちが一斉に揃ったということです。

同校の掲げる教育目標「自調自考(じちょうじこう/自らの手で調べ、自らの頭で考える)」は、学校生活の柱の中で最も大切なものとされていて、何事にもあきらめることなく、積極的に取り組むことのできる人間の育成を目指しています。20160122_shibuyamakuhari-1_4274.jpg

時代を見据えた先進的な取り組みとグローバルな環境が日常的にあり、私学教育をリードする渋谷教育学園幕張は、JR京葉線・武蔵野線「海浜幕張」、JR総武線「幕張」、京成線「京成幕張」の3駅が利用可能ですが、圧倒的に「海浜幕張」を使う生徒が多い模様。

受験生の集合時間は8時30分ですが、最寄りの海浜幕張駅では7時を過ぎたころから、受験生親子が電車からどんどん降りてきます。

20160122_shibuyamakuhari-1_4333.jpg7時30分を回ると、受験生の列が駅から途切れることなく続きます。両親と揃って和やかな雰囲気だったり、受験生と歩を進めるお父さんは出勤前と思しき姿の方も多数。

校門を挟んだ両側には、塾の先生方がズラリと並び受験生たちを熱く迎えます。先生方と固い握手を交わした受験生、緊張した面持ちから一転、弾けるような笑顔が印象的でした。20160122_shibuyamakuhari-1_4300.jpg

その先にあるのは「これより先は受験生のみ入れます」という看板。ここからはもう保護者は入れません。思い思いのことばをかけたり、受験票や上履き、水筒などの荷物の確認をしたり……。受験生を抱きしめるお母さん、やさしく肩を叩くお父さん、互いに手を振り続ける親子の姿。受験生はみな力強い足取りで昇降口を昇っていきます。

20160122_shibuyamakuhari-1_4327.jpg渋谷教育学園幕張では、中1から中3までの生徒、およそ50名が有志のボランティアとして入試のお手伝いをしています。なかには中1から高3まで活躍した生徒もいるそうです。

20160122_shibuyamakuhari-1_4306.jpgボランティアとして活動する生徒に立候補した理由を尋ねると「自分が入試のときに、先輩が優しく声をかけてくれたから、自分もそうできたらと思って手を挙げました」と、誇らしげな表情で話してくれました。20160122_shibuyamakuhari-1_4347.jpg

20160122_shibuyamakuhari-1_4354.jpgこの生徒たちは、入試会場である各教室で受験生たちのフォローなどをするだけでなく、保護者控室である講堂でも活躍。我が子の近い将来像が彷彿とした保護者の方もいたかもしれません。

ある先生は、「ふだんはやんちゃな生徒たちですが、こうした機会に積極的に手を挙げてくれるのはうれしいことです。こういう場も含めたところから、社会性が身に付いていくと良いですね」と話してくれました。

20160122_shibuyamakuhari-1_4360.jpg説明や出席確認を経て、8時45分からはリラックス体操で体をほぐしていざ渋谷教育学園幕張の入試が始まりました!20160122_shibuyamakuhari-1_4382.jpg

ここでの合否によって、併願作戦の練り直しなども検討が必要になってくる受験生もいると思います。

前を向いて、これまでの努力を思い出し、納得のいく中学受験として乗り切ってください。がんばれ、中学受験生!

 

 

2月21日(日)には「2016年中学入試の大変化! 未来の男子校・女子校・共学校モデル現る!」中学入試セミナーが開催!

20160221_21kai_seminar.jpgところで、この2月の中学入試が一段落した2月21日(日)には、「21会(21世紀型教育を創る会)」主催の中学入試セミナー「2016年中学入試の大変化! 未来の男子校・女子校・共学校モデル現る!」が開催されます。

今春2016年入試で話題となった、聖学院かえつ有明共立女子三田国際学園などの注目校をはじめ、昨年以上の人気を集めた私学の多い「21会(21世紀型教育を創る会)」

その「21会」主催の中学入試セミナーは、今年は聖学院中学・高等学校〈東京都北区・男子校。最寄り駅はJR・東京メトロ「駒込駅)が会場となっています。

「21会校」のなかには、今春入試の話題として新聞(朝日新聞毎日新聞)や雑誌(AERA)、テレビ(NHK)などマスコミでも盛んに報道された「適性検査型入試」や「思考力入試」「PISA型入試」、あるいは「英語入試(英語選択入試)」を実施している私学も多くあります。

迫る「2020年大学入試改革」に象徴される日本の教育と大学入試の変化や、中学入試の新たな潮流を探るうえでも、小学生の保護者にとって、とても貴重な機会です。

僭越ながら、首都圏模試センターからも、講演者、コーディネーターとして登壇させていただきます。

関心のある皆さま、とくに小5以下のお子さんを持ちの保護者には、ぜひ参加していただくことをお勧めします。

お申し込みは「21会(21世紀型教育を創る会)」サイトからお願いいたします〈ご案内のPDFはこちら→20160221_21kai_seminar.pdf〉。

入試の記事一覧

【学校コード表・偏差値検索】志望校記入をお考えの方はこちら
【塾申込み】塾を通して申し込む方はこちら
【個人申込み】個人での申し込み方法はこちら