中学受験 首都圏模試センター

マイページログイン/インターネット申し込み・志望校登録・連結処理



2016/02/03

入試

2日午後入試!高輪中学の「算数入試」を緊急レポート!

 

 

●面倒見の良さで人気の男子進学校

赤穂浪士が眠る墓所としても知られる港区「泉岳寺」。

そこに隣接する男子の伝統校「高輪中学」で本日22日、算数のみの単一教科で午後入試が実施されました。

2014年からは高校からの募集を停止するなど、ますます一貫校としての色合いを強めている高輪中学。

同校の名物入試とも言える「算数入試」は2002年からスタートしました。近年ではいくつかの私学で単科目型の入試が実施されていますが、その先駆けとも言える存在です。

 今年の出願は332名。昨年の292名からは40名の増加となりました!充実の教育内容と面倒見の良さ、そして伸長を続ける大学合格実績は今年も多くの「算数自慢」たちから支持を集めているようです。

 ●都会の喧騒とは無縁の泉岳寺

高輪中学校へのアクセスは、都営浅草線・京急線「泉岳寺」から徒歩3分。泉岳寺の山門を通り抜ける道程は、都会の喧騒を忘れさせてくれる落ち着きがあり、好天の陽射しとあいまったこの日は、まるで受験生を温かく向かい入れてくれるような和やかさがあります。

集合まで余裕のある午後2時前には、本番前の「合格祈願」でしょうか。泉岳寺でお参りする受験生親子の姿も・・・。なかにはお弁当を食べて、入試に備える受験生も見受けられました。

     

午前の入試と違い、午後からの入試は受験生の来場時間も大きく異なります。また午前のB入試と午後の算数入試をダブルで受験する生徒たちが食堂で待機していたため、混雑のピークはほとんどありませんでした。

 

 ●塾の先生たちが通路で激励

校門から昇降口までは緩やかな上り坂。途中には校歌が刻まれた歌碑が配置されるなど、非常に落ち着きのあるキャンパスとなっています。坂を登ると昇降口までは屋根付きの渡り廊下(階段)となっていて、そこで激励に訪れた塾の関係者が受験生たちを出迎えます。