受験情報ブログ

2019年入試では125校が「英語(選択)入試」を実施!

今春2019年の首都圏中学入試では、計125校が「英語(選択)入試」を実施します。

年が明けて、いよいよ2019年の首都圏中学入試が本格的にスタート。今春2019年の首都圏中学入試で行われる「英語(選択)入試」の実施校数は、前年の112校から13校増えて、計125校《うち私立中124校・国立中1校》に上ることが判明しました。

続きを読む

ますます増加する「英語(選択)入試」導入校!

首都圏の中学入試では、2014年から2018年にかけての5年間に、一般入試で(帰国生入試以外で)「英語(選択)入試」を実施した私立・国立中学校は、15校→33校→64校→95校→112校(うち私立中学は111校)に増えてきました。

そして今春2019年の首都圏中学入試で行われる「英語(選択)入試」の実施校数を首都圏模試センターが調べたところ、前年の112校から13校増えて、計125校《うち私立中124校・国立中1校》に上ることが判明しました。入試の実施件数は「のべ270回」となります。
※一部修正のお知らせ
1/21(月)公開当初の当記事に一部「英語入試実施校」の漏れがあり、1/22に大妻中野「グローバル入試」①・②、東京学芸大学附属国際中等教育学校、1/24に東京都市大学等々力「英語1教科入試〈2019年新設〉」を追加し、実施校数を修正させていただきました。

※なお2018年入試での「英語(選択)入試」実施校は、2018年初頭の当ブログ記事でご紹介しています。

「2020年大学入試改革」に向けた英語教育と入試の変化

現在の小学生が直面する「2020年大学入試改革」に向けては、従来の日本の英語教育の課題とされてきた「英語の4技能」を総合的に評価するために、英検やGTEC-CBT、IELTS、TEAP、TOEFL-iBT、TOEICなどの民間の資格・検定が導入されるという方向性が示され、その動きは、すでに大学入試でも具体化しつつあります。

中学入試における「英語入試」の増加は、そうした日本の大学入試と教育全体の大きな変化と、小学校での「英語の教科化」に先駆けて、従来から「英語教育に力を入れてきた」私立中高一貫校の教育姿勢の反映ともいえるでしょう。

すでに英語を学んできた小学生や、英語が好きで、これから英語の学習をがんばってみたいという多くの小学生に向けて、「本校の中高6年間でさらに英語の力を伸ばしてみませんか?」というメッセージを発信し、そうした小学生が私立中高一貫校に進学できるよう、これまで以上に門戸を広げてくれたことになります。

とくに、この1~2年の間に新設された「英語(選択)入試」で注目すべき点は、ついに「英語の筆記試験」を実施せず、面接やグループワークで交わす「英会話」を通して、受験生のリスニングとスピーキングの力(資質)を評価する私立中も現れたことです。

これによって、英検やその他の英語(筆記)試験を受けたことのない、たとえば英会話スクールだけで英語を学んできた小学生も、怖がらずに中学受験にチャレンジしていけることになります。

さらに今春2019年入試からは、神奈川の人気校、慶應義塾湘南藤沢中等部が、「英語(選択)入試」を実施します。この影響で、中学入試における「英語入試の増加」には、いっそう拍車がかかることが予想されます。

資格の取得が問われる英語力の目安になり、特待生制度もある!

もちろん、英検をはじめとした検定試験で資格を取得している小学生は、多くの「英語(選択)入試」実施校で示している「英検4級以上」、「英検3級程度」など、そこで問われる英語力の目安を知ったうえで受験に挑むことができるので安心です。

なかには、たとえば英検3級~2級以上の資格を取得している受験生には「特待生制度」を適用する私学(=東京家政学院中などがその典型)もあり、思った以上の配慮や特典が加えられる恵まれた状況が出てきました。

あるいは、特別に「英語(選択)入試」は実施していなくても、英検などの資格取得によって得点が加算されるというケースもあります(「英検(日本英語検定)協会のWebサイトの「受験・進学に『効く』英検!入試優遇・単位認定制度 中学校の優遇校を探す」コーナーではすでにこうした情報も紹介されています)。

「何らかの形で英語の力が生かせる」入試はさらに増加!

もちろん、現在の中学入試では、いまでも国語・算数の2科目か、あるいは国・算・社・理の4科目の学力がしっかりと問われる入試形態が主流であることに変わりはありません。

しかし、進学塾で2~3年の間、受験勉強に励んできた小学生も、英会話の学習に励んできた小学生も、それぞれにがんばってきた学習履歴と、そこで身につけた力や資質、活動歴が評価され、それが志望校への合格につながるのであれば、多くの小学生と保護者にとっては歓迎すべきことでしょう。

そういう意味では、こうして「何らかの形で英語の力が生かせる」入試の形態は、「英語の好きな」「英語の力をもっと高めたい」と思っている小学生の皆さんと保護者にとっては朗報ともいえるでしょう。受け入れの門戸がさらに大きく広がった、今春2019年の中学入試の「英語(選択)入試」に、思い切って挑戦してみませんか?

また、各都県の公立中高一貫校を第1志望にしている受検生(英語の既習者であれば)や、海外から帰国後に数年たってしまったために「帰国生枠」では受験できない帰国生の皆さんも、こうした「英語(選択)入試」を併願校のひとつに検討していただくとよいでしょう。

2019年首都圏中学入試での「英語入試」実施校〈首都圏〉は、記事冒頭の「資料」をクリックして、添付PDFファイルの一覧表をご参照ください。