受験情報ブログ

田園調布学園が、2020年入試で2月1日午後に算数1科入試を新設

田園調布学園は2020年入試で2/1午後算数入試新設。5/25の授業体験&説明会は4/25予約開始

田園調布学園が、2020年入試の変更点を発表しました。2月1日午後に算数1科入試を新設すること、それに伴い定員の変更もあります。また面接も入学前面談となります。
学校説明会や公開行事も本格化します。注目が集まる今、早めに日程等チェックしておきたいものです。

続きを読む

2020年2月1日午後に算数1科入試を新設

2018年入試の品川女子学院(算数1科)、2019年入試の普連土学園(算数1科)、山脇学園(国語か算数1科選択)のように、女子校でも算数1科目で受験できる入試が増えてきました。受験生が得意なところを活かしてほしいというメッセージのこもった1科目入試に、午後という日程が加わることで、受験生の支持を得てきたのは周知のとおりです。

2020年入試では、田園調布学園が2月1日午後に算数1科入試を新設。「計算+思考力や表現力、文章の読解力も見る算数の問題」という方向性がしめされており、5月末のサンプル問題公表が待たれます。

現在、公表されている入試日程・科目・定員は下記のとおりです。

第1回 2月1日 4科 80名
午後入試 2月1日午後 算数1科 20名
第2回 2月2日 4科 70名
第3回 2月4日 4科 30名

また入試当日の面接は廃止し、入学予定者(入学金納入者)に対して入学前面談を2月10日以降に実施。理科と社会の試験時間をそれぞれ10分延長(30分→40分)します。

5月25日、授業体験&説明会開催。4月25日予約受付開始

今年度最初の学校説明会は、5月25日(土)に開催されます。6年生対象、4・5年生対象の授業体験もあり、4月25日から予約受付開始です。6年生には、プラネタリウム、体育、音楽、社会、理科、プログラミング、英語、英会話、国語、図書室、数学など12の授業が、また4・5年生には、情報、理科、プラネタリウム、数学、英会話、体育、図書館、音楽、プログラミングなど12の授業が用意されており、身体が何個も欲しいくらい。定員があるので人気の講座は早めに締切になることも予想されます。
本当の教室で授業を体験してみるチャンス。廊下から教室を見るのとは異なる感情がわきあがるかもしれません。

土曜プログラム見学会もあります

主体的に学び探究する心は、田園調布学園の「協同探求型授業」「土曜プログラム」「体験学習・体験旅行」といったプログラムのなかで育まれます。今春、東京大学の推薦入試で合格した生徒が東京大学を目指すきっかけも、この中にあったといいます。 そうした学校生活を背景に田園調布学園では、多くの生徒が外部コンテストやコンクール、「トビタテ!留学JAPAN」などの学校外での経験にも積極的に参加しています。また個人が参加するだけでなく、学年集会などでその体験を発表し共有する機会も数多く設けられ、お互いに刺激しあう関係が自然に生まれているようです。

このうち、「土曜プログラム」は、“真のリベラルアーツを養う”と謳い、土曜日、学年ごとにテーマを設け、発達段階に沿ったプログラムを展開する“コアプログラム”、約170の講座から一人ひとりが興味・関心に応じて選択する“マイプログラム”で構成され、思考力や表現力、大学入試にも対応できる力を育成することを目指しています。 そんな土曜プログラムの見学会は、グループに分かれて先生の案内によるもので、5月18日、6月29日、10月19日、10月26日、11月16日に行われます。
また別途、平常授業時の校内見学も受け付けています。

学校説明会・公開行事の詳細はコチラをご覧ください。