受験情報ブログ

星野学園が理数選抜入試・第2回の入試内容を変更!

星野学園が2018年入試において
1月11日理数選抜入試・第2回の入試内容を変更!

星野学園<埼玉・川越市。共学校>では、1月10日入試と1月11日入試とで2回、理数選抜入試を設けていましたが、来春2018年入試で、1月11日に行われる理数選抜入試(第2回)の入試内容を変更することを公表いたしました。

続きを読む

その変更内容とは?

理数選抜入試の第2回は、4科目入試となっています。変更については、各科目の出題内容となります。


1.国語の論述問題の解答は「40字~80字ぐらい」とする問題を1題出題する。
2.算数は思考の過程を見るために、途中式に加点する問題を1題出題する。
3.理科・社会それぞれに考察させて「20字~50字ぐらい」で解答する問題を1題出題する。」

とのことで、変更内容を見ると、どのように考えたか、という思考の過程をそれぞれの科目で見ていく、ということが分かります。

その他の変更点

その他に、どの入試でも、英検3級以上を取得している受験生には合計点に加点。大宮会場がソニックシテイホール4階国際会議室で行われるなどの変更があります。

平成29年度の大学入試においては、中学から入学し、当校で6年間学んだ中高一貫部の生徒から現役で一橋大学、北海道大学等難関国立大学に多くの合格者が出たそうです。また、慶応大学と私立医学部合格者は全員中高一貫部の生徒だそうです。

気になる受験生、保護者の方はぜひ、星野学園の学校説明会、入試説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか。