受験情報ブログ

2018年入試に共立女子中が「インタラクティブ入試」を新設!

早くも動き出した2018年入試。
「英語インタラクティブトライアル入試」を2/3PMに新設!

今春2017年の首都圏中学入試が一段落した2月中旬から、早くも来春2018年入試に向けた動きが公表され始めています。共立女子中学校<東京・千代田区。女子校>では、来春2018年入試から2月3日午後に『英語インタラクティブトライアル入試(略称「インタラクティブ入試」)』を新設することがこのほど公表されました。

続きを読む

どんな入試が行われるのか?

共立女子中学校から送られた「平成30年度 共立女子中学入学者選抜について」というお知らせによると、来春から2月3日PMに新設される、この『英語インタラクティブトライアル入試』は、「英語を媒体とする主にゲームや対話を通して、英語の理解力や英語を用いての行動力等を図る試験=『英語インタラクティブトライアル』(100点満点、40分程度)」と、『算数』(50点満点、30分)の二つの試験によって行われるとのことです。

その他の変更点

このほかにも共立女子中学校では、来春2018年入試で、①「海外帰国生入試」の変更(「英語入試の導入」ほか)、②「2/1入試(A日程)」「2/2入試(B日程)」の募集人員の変更、などの入試改革が行われるとのことです。

昨年2016年入試では、2月4日のC日程入試に「算数+合科型論述入試」を導入し、今春2017年入試では、その実施日を2月3日に移行して、募集定員を30名から40名に増員して話題を呼んだ共立女子中学校が、続く2018年入試でもまた新たな改革に踏み出していることが注目されます。

これら一連の2018年入試改革の詳細と、今春2017年入試の結果報告は、来たる3月7日(火)に行われる、塾の先生対象の「中学入試説明会」で紹介されるということです。

関心のある塾・教育関係者の皆さんは、ぜひご参加になっていただきたいと思います。