受験情報ブログ

「日本語4技能入試」を始めます!北鎌倉女子学園

グローバル化が叫ばれるいまだからこそ、
まず日本語を見直してみませんか?

昨今、グローバル化の流れと共に、英語入試を新設する私立中学校も多々あるなかで、北鎌倉学園女子中学校<神奈川・鎌倉>では「日本語4技能入試」を新設することを発表いたしました。いわゆる「国語」とは違う試験の概要とは・・・

続きを読む

「聞く」「書く」「読む」「話す」を日本語で

日本語をしっかり使えることは、自分を理解し、他人を理解し、自分を表現できる基礎となります。北鎌倉女子学園では、その「基礎」を世界にも通用する力へと「応用」できるようになる仕掛けがたくさんあります。

この試験は、いわゆる「国語」の試験とは違い、「日本語」の力を確かめます。

聞く」では、日本語の文章の朗読を放送します。聞き取った内容についての問題をだします。「誰が、いつ、どこで、何をし、何を感じたか。」など、要点を聞き取れているかを確かめます。

書く」では、「自分の趣味について」「自分の夢」 などのような作文を書く問題です。自分の考えを理由や具体例とともに文章に書けるかを確かめます。

読む」では、その場で渡された文章を最初は黙読し、その後、 その文章を朗読してもらいます。正しく文章を発声できるか、正しく漢字が読めるか、などを確かめます。

話す」では、朗読した文章についての質問をし、自分の考えを述べる問題を出します。朗読した内容を理解できているか、自分の意見を自分の言葉で伝えることができるかなどを確かめます。

「聞く」「書く」は一斉テストで、「読む」「話す」は個別テストで行います。

「日本語4技能入試」のパイロット問題が8月以降に公開されます。その際に詳しく、この入試のコンセプトや狙い、アドミッションポリシー等の説明もあるとのことです。

検定料が試験1区分10,000円に!

また、日本語4技能入試を含む普通コースの検定料が、試験1区分10,000になったことも発表されました。2区分以上を出願する場合でも検定料が20,000円までしかかからないとのことです。

また、細かい要項変更や、「日本語4技能入試」の入学手続き締切が新入生説明会前日の2月10日(土)15:00になったことなどが発表されています。

くわしくは北鎌倉学園女子HP「2018年度中学入試日程等決定!「日本語4技能入試」をはじめます!」か下記PDFをご確認ください。

北鎌倉女子学園HPはこちら