受験情報ブログ

工学院大学附属中学校が2/12に第5回入試を実施

工学院大学附属中学校が2月12日(火)に一般入試第5回を実施することを発表しました。試験科目は2科か英語+面接の選択制で、各コースともに若干名の募集があります。本日2月6日より窓口で受付が開始され、試験前日の2月11日15時まで出願が可能です。

続きを読む

一般入試・第5回は2科か英語+面接の選択制!

工学院大学附属中学校が2月12日(火)に一般入試・第5回を実施することを発表しました。ハイブリッド特進クラス・ハイブリッド特進理数クラス・ハイブリッドインターナショナルクラスの各コースで若干名の募集があり、試験科目は2科(国語・算数)英語+面接のどちらかを選択することができます。

本日2月6日より出願受付が開始されましたが、一般入試・第1回~第4回までとは違い、窓口のみ(9:00~16:30)での受付となります。出願受付最終日は受付が15時までですのでお気をつけ下さい。

八王子駅からバスで15分という立地ですが、八王子駅以外にも、北野駅・拝島駅・南大沢駅、さらには新宿駅からもスクールバスが出ており利便性は格段に向上しています。全教科でアクティブラーニングを導入するなど最先端の教育を展開している同校の受験機会を活かしてみてはいかがでしょうか。

一般入試第5回の概要

試験日:2月12日(火)8:50集合
募集人員:ハイブリッドインターナショナルクラス・ハイブリッド特進クラス・ハイブリッド特進理数クラス・各若干名
出願期間:2月6日(水)~2月11日(月) 窓口出願のみ 9:00~16:30 ※2月11日(月)は15:00まで
提出書類:入学願書、顔写真
入学検定料:30,000円
選考方法:2科(国語・算数)か英語+面接の選択制 面接は本人のみ
合格発表日:2月12日(火)17:00~19:00 ホームページで発表
入学手続期限:2月13日(水)~2月15日(金)15:00
詳細は同校のホームページでご確認下さい。

本格的な「21世紀型教育」導入最先進校!

2015(平成 27)年 4 月から、中学校にハイブリッド特進クラス、ハイブリッド特進理数クラス、ハイブリッドインターナショナルクラスの 3クラスを開設して 4 年目を迎え、2018年4月からは、高等学校にハイブリッド文理先進コース、ハイブリッド文理コース、ハイブリッドサイエンスコースを新設。前年から先行して設置されたハイブリッドインターナショナルコースに加え、新 4コース体制をスタートさせた工学院大学附属中学校・高等学校。そこで実践される本格的な「21世紀型教育(21ST CENTURY EDUCATION)」プログラムは、現時点では日本国内でも最先端の教育展開といってもよいでしょう。そうした大胆な教育改革とその手応えについて、校長の平方邦行先生をはじめ、現場での教育に携わる先生方にお話を伺いました。

工学院大学附属中学校・特集記事
<<主な内容>>
・日本初の「ハイブリッド3クラス」導入から4年目を迎え、高校も変わった「21世紀型教育」導入の最先進校
・教育の歴史的転換期に、未来を見据えて、自己変容型知性を磨くことができる、私学ならではの先進的教育を!
・全教科でアクティブラーニングを導入。ハイブリッド(多言語・多文化)化する社会で"協働で問題を解決できる"心と力を育てる!
・「Cambridge English School」認定に加え、「電子図書館」も日本で初めて導入し、英語やデザイン思考の授業で活用を開始!
・2020年以降の新たな大学入試に向けても多様・多彩な能力を育む「21世紀型教育」で、生徒が希望する進路の実現を力強く後押し
・工学院大学附属中高が実践する「21世紀型教育」の多様な側面を知るためのキーワード