受験情報ブログ

女子聖学院、1月25日にミニ説明会&個別相談会実施

女子聖学院では、1月25日(土)にミニ説明会と個別相談を実施。学校の先生に直接質問できる、最後のチャンスです。

続きを読む

入試直前、ミニ説明会&個別相談会

学校の先生に直接質問できる、最後のチャンスです。ミニ説明会と個別相談どちらかでもご参加になれます。初めての方も、「最後にもう一度確かめておきたい」という方も、この機会にぜひ学校に足をお運びください。

ミニ説明会&個別相談(6年生対象)
1月25日(土) 10:00-12:00
60名限定
※個別相談のみの参加の場合、ご予約のうえ、9:30~11:00までにご来校ください。

2020年は、5通りの入試

女子聖学院では、午前午後など5日程に、2科・4科入試のほか、英語表現力入試、日本語表現力入試、言語・数理リテラシー入試を設定し、受験生の得意や特性を生かした受験が可能。これらは、主体的に活躍できるよう、input(情報を収集すること)→intake(得た情報を知識として深めていくこと)→output(得た情報を基に、自分のことばで発信すること)の3ステップを意識した教育「Global Arts」を実践する教科教育や国際理解教育プログラム、自尊・他尊感情を大切にする人間教育など、入学後の学校生活につながる入試です。

2月1日午前 2科4科選択
2月1日午後 「英語表現力入試」「日本語表現力入試」「言語・数理リテラシー入試」から選択
2月2日午後 2科
2月3日午後 2科
2月4日午後 2科

「英語表現力入試」は、英語リスニング(40点。英検3級程度)、事前に発表されている課題文の暗誦、英語による簡単な自己紹介(20点)、面接(日本語。本人面接と保護者同伴面接)暗誦では、発音・イントネーション、表現力、暗誦度(正確な暗記力)、全体的な印象が評価の対象です

「日本語表現力入試」は、聞き取りテスト(15 分・35 点)、作文(与えられた3つの単語をすべて使ってお話を作る。300字以上400字以下)、日本語による自己紹介(2分から3分程度・15 点)、日本語による面接で行われます。

「言語・数理リテラシー入試」は、算数(40点)、文章を読み解く問題(40点。作文を含む)、グループ面接(20点)という構成。

「英語表現力入試」「日本語表現力入試」「言語・数理リテラシー入試」では、実用英語技能検定、漢字技能検定、実用数学技能検定の取得級数に応じて加点措置もあります。
要項や各入試の特徴、評価ポイントなどは、こちらをご参照ください。