受験生マイページ ログイン
受験情報ブログ

2020年DDコース始動の国本女子で2次募集

国本女子は2月6日と9日に追加募集。まだある受験機会をキャッチしよう。

2020年4月より、国本女子は大きく変わります。
第1期生募集の2020年入試、2月6日と9日にも受験機会を追加。まだあるチャンスを生かしたい受験生の皆さん、詳細をご確認ください。

続きを読む

2020年4月より、国本女子は大きく変わります。カナダ・アルバータ州教育省と提携し、中学校・高等学校に、“KAIS”(Kunimoto Alberta International School)を開校し、「ダブルディプロマ コース」(DDコース)と「リベラルアーツ コース」(LAコース)を開設。これによりグローバル一貫教育校WO目指すものです。世界水準の英語力を身につけるDDコースと、創造力を養うLAコースNO2コース制で、生徒一人ひとりの進路選択の幅を広げます。

改革第1期生の募集が2020年入試。2月6日と9日に追加募集が設定されました。
両日とも、英語型(α・β①②③)か2科(国算)から選べます。

α型 英語+英語面接(グループ面接)
β型① 英語・国語
β型② 英語・算数
β型③ 英語・国語・算数(国算いずれか得点の高い方で判定)

詳しくはこちらから。

DDコースとは

DDコースに入学すると、国本女子とKAISの2つの学校の授業を受けることになります。中1から3年までは、KAIS Middle Program。アルバータ州の中学校で行われている授業(English Language Arts)に加え、英語4技能を鍛えRU3年間。高校1年からはKAIS Diploma Programで学びます。

ダブルディプロマとは、言葉の通り、日本の高校(国本女子)と、カナダの高校の授業を両方受け、2つの高校の卒業資格を得るダブルディプロマを取得するということになります。

卒業後は、海外大学を含めての進路実現を目指します。

中高6年間のカリキュラムを見ると、週12時間の英語には、アルバータ州教員による授業(ELA)を含みます。その他は日本語の授業ですので、高校から始まる日本とカナダ両方の授業に必要な基礎学力を身につけるプログラムになっています。高校KAIS Diploma Programの授業の約3分の2はカナダの授業となります。

海外研修で成果を実践

DDコースでは、中3全員参加のカナダ・アルバータ州研修(3週間~4週間)。高2全員参加のカナダ・アルバータ州高校サマープログラム(6週間~7週間)、カナダ・アルバータ州高校長期留学(1年間・任意参加)があります。こうしたステップを踏みながら、英語力はもちろん、グローバルな視野で行動する国際感覚を身につけることを目標としているので、英語やグローバル教育に関心のある方から期待を持って注目されています。

2020年入試の2次募集がありますので、まずは学校ホームページをチェック、さらに詳しく知りたい場合は、学校までお問い合わせください。
詳しくはこちらから。

あわせて読みたい関連ワード記事