受験情報ブログ

八雲学園中学校が来春2018年から共学校に!

早くも動き出した2018年入試。
八雲学園中学校が来春2018年から共学校に!

八雲学園中学・高等学校〈東京・目黒区。女子校〉が、来春2018年4月から共学校となることが、同校のWebサイトで公表されました。この八雲学園中学校の共学化によって、来春2018年入試では、早くから公表されてきた青山学院横浜英和の共学化に続いて、首都圏入試では2校目の「共学化」のニュースがもたらされたことになります。

続きを読む

21stCEOの主催による第1回「新中学入試セミナー」

昨日2月19日(日)、21stCEO(21世紀型教育機構)の主催による第1回「新中学入試セミナー」が和洋九段女子中高にて開催されました。

このセミナーでは、首都圏模試センターからも今春2017年入試の分析と来春2018年入試の予想と、当社が「統一合判模試」をはじめ各模試に導入した『立体偏差値(思考コード)』の解説などもプレゼンテーションさせていただきました。ご来場いただいた受験生と保護者、教育関係者の皆さま、ありがとうございました。

ところで本日、この21stCEO(21世紀型教育機構)のメンバー校のひとつでもある、八雲学園中学・高等学校〈東京・目黒区。女子校〉が、来春2018年4月から共学校となることが、同校のWebサイトで公表されました。

八雲学園といえば、これまでにも“破格の英語教育”と、さまざまなグローバルプログラムの充実で知られてきた女子校でしたが、今回の共学化によって、それらのプログラムがさらに進化し、どう発展していくのか非常に楽しみです。

八雲学園Webサイトの「共学化のお知らせ」のページには、下記のように記されています。

2018年度中学校入学者 男女共学化について

1938年の創立以来、時代時代に合った女子教育を行ってまいりましたが、2018年入学の中学校生徒募集より男女共学とすることに致しました。

アメリカのサンタバーバラに所有する八雲レジデンスでの研修、全米トップクラスのエリート校ケイトスクールとの姉妹校提携、名門エール大学との交流、さまざまなグローバルプログラムを通じて広がる八雲学園の可能性を男女の隔てなく共有していきたいと考えております。詳細は5月に発表いたします。

さらなる進化を求め続ける八雲学園にどうぞご期待ください。

男子受験生の選択肢拡大!

(画像は「希望の私学」八雲学園の記事)

八雲学園の最寄り駅は、東急東横線「都立大学駅」。

横浜を中心とした神奈川エリアと、渋谷を中心とした東京エリアを結ぶ交通の要衝に位置する期待の私学であり、同じ「都立大学駅」を最寄りとする中高一貫校には、ほぼ隣接する都立桜修館中等教育学校があります。

この八雲学園が共学化することによって、東京~横浜(東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速鉄道みなとみらい線)間の男子受験生にとっても選択肢が増え、来春2018年入試の受験生の人気動向にも、かなり大きな影響を及ぼすことになりそうです。

来春2018年以降の中学入試にチャレンジする男女小学生と保護者には、今後の八雲学園からの詳細発表に大いに期待すると同時に、受験生の人気動向の変化にも注目していただきたいと思います。