受験情報ブログ

変わる2020年以降の大学入試につながる新たな入試を12/2「コラボフェスタ」で体験してみよう!

変わる2020年以降の大学入試につながる新たな入試が、12/2「コラボフェスタ」 でプレ体験できる!

12月2日(日)には、小6第6回「統一合判」模試の会場校のひとつでもある相模女子大学中高の本校舎で午後から、中学入試に増えてきた様々な「新タイプ入試」を知るための体験講座と講演によるイベント「新入試体験! 私立中コラボフェスタ」が開催されます。変わる2020年以降の大学入試につながる新たな入試を、この「コラボフェスタ」で体験していただくことをお勧めします!

続きを読む

この2~3年の中学入試の急激な変化~新タイプ入試の増加の背景

この2~3年の首都圏中学入試では、それ以前とは違った意味での“劇的な変化”が起きています。それが、広い意味での「中学入試の多様化」です。

私立中による「適性検査型入試」や「英語入試」の増加をはじめ、「総合型入試」、「記述・論述型入試」、「思考力入試」、「自己アピール(プレゼン型)入試」、「得意科目選択型入試」、「推薦入試」の増加など、従来の「4科目」か「2科目」の入試形態とは違った、「新タイプ入試」が年々増加しているのです。

こうした新たな形態の入試について、さまざまな見方や意見がありますが、はっきりといえることは、これらの「新タイプ入試」は、将来の社会の変化とそこで求められる力や、2020年以降の大学入試と日本の教育の変化を反映し、先取りしたものであるということです。

12/2(日)「コラボフェスタ」で新タイプ入試の体験を!

12/2(日)に神奈川会場〈相模女子大学中学部・高等部〉で開催される「新入試体験!私立中コラボフェスタ」では、そうした中学入試における新タイプ入試の数々を、実際にお子さん(小学校6・5・4・3年生)が体験することができます。

小学生の興味や学習意欲を喚起し、主体的な学びの姿勢や意欲を導き出すような新タイプ入試の数々は、いわば小学生の潜在的な能力・資質・才能を引き出す側面も併せ持っています。こうしたユニークな新タイプ入試と出会った(知った)ことで、「その学校に入学したくなった」という受験生も少なくありません。

私立中学校への合格をめざして、進学塾で受験勉強を重ねてきた小学生も、公立中高一貫校への入学を希望して、適性検査への対策をしてきた小学生も、好きな習い事やスポーツ、芸術、音楽や英語の学習に励んできた小学生も、「これからの学び」と「これからの入試」を体験することのできる12/2(日)「新入試体験!私立中コラボフェスタ」に、ぜひ親子で参加してみてはいかがでしょうか?

12/2(日)「新入試体験!私立中コラボフェスタ」参加校

■会場/相模女子大学中学部・高等部 本校舎
■対象 小学校3年生~6年生と、中学受験に関心のある小学生の保護者、および教育・受験関係者(どなたでも受講、ご参加いただけます)
■参加校 16校(○:男子校 ●:女子校 ◎:共学校)

■会場 相模女子大学中学部・高等部本校舎
■対象 小学校3年生~6年生と、中学受験に関心のある小学生の保護者、および教育・受験関係者(どなたでも受講、ご参加いただけます)
■参加校 33校(●:男子校 ○:女子校 ◎:共学校)

●聖学院〈東京・北区〉、○北鎌倉女子学園〈神奈川・鎌倉市〉、共立女子第二〈東京・八王子市〉、○相模女子大学中学部〈神奈川・相模原市〉、○聖セシリア女子〈神奈川・大和市〉、○聖ドミニコ学園〈東京・世田谷区〉、○聖ヨゼフ学園〈神奈川・横浜市〉、○聖和学院〈神奈川・逗子市〉、○東京純心女子〈東京・八王子市〉、○桐朋女子〈東京・調布市〉、◎桜美林〈東京・町田市〉、◎関東学院六浦〈神奈川・横浜市〉、◎工学院大学附属〈東京・八王子市〉、◎湘南学園〈神奈川・藤沢市〉、◎鶴見大学附属〈神奈川・横浜市〉、◎日本工業大学駒場〈東京・目黒区〉。

小学生のお子さんが「体験講座」に参加している時間帯に、13:50~16:55まで、相模女子大学中高のホール(講堂)では「講演の部」が行われ、ご参加の保護者、教育・受験関係者、出版社・マスコミ関係の皆様は、実際に私立中学校の入試で導入されている新タイプ入試別のパネルディスカッションで、参加校の先生方のお話を聞くことができます。

12/2「私立中コラボフェスタ」ご参加申し込みはコチラから!