コラム

昌平高サッカー部が埼玉制覇!全高サッカー選手権大会に初出場!

昌平高サッカー部が埼玉を制覇し、全国高校サッカー選手権大会に初出場。
12月31日(水)初戦に挑む!

昌平高等学校(埼玉県北葛飾郡杉戸町。共学校)サッカー部は、平成26年度「第93回全国高等学校サッカー選手権大会」埼玉県大会で、10月11日から11月16日にわたって行われた決勝トーナメントを勝ち上がり、決勝ではさいたま市立浦和高を2対0で破って、事初優勝を飾りました。

続きを読む

昌平高サッカー部が全国高等学校サッカー選手権大会に初出場!

この優勝によって、昌平高サッカー部は、12月30日(開会式)から開催される第93回「全国高等学校サッカー選手権大会」に念願の初出場を決めました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて建て直しに入る“高校サッカーの聖地”国立霞ヶ丘競技場(東京・新宿区)が使えないことから、開会式・初日と準決勝・決勝は埼玉スタジアム(大宮)で行われる今大会に、ほとんど「ホーム(地元)代表」という期待を背負って出場する形になりました。

初戦の相手は米子高校!大晦日の12時5分キックオフ!

その昌平高サッカー部は初戦(1回戦)、大晦日の12月31日(水)に、大宮のNACK5スタジアムにて12時5分のキックオフで、鳥取県代表の米子高校と対決します。昌平高イレブンの活躍に期待・応援したい方は、ぜひ応援にお出かけください。サッカーが大好きな5年生以下の小学生の皆さんにもお勧めします(中学入試を直前に控えた6年生が応援に行く場合には、風邪などには十分気をつけてください)。

初戦から勝ち抜いた場合には、1月2日(金)に浦和駒場スタジアムで2回戦、翌3日(土)に浦和駒場スタジアムで3回戦、1月5日(月)に浦和駒場スタジアムで準々決勝、少し間が空いて1月10日(土)に埼玉スタジアムで準決勝、12日(月)に埼玉スタジアムで決勝を迎えることになります。

強豪校に囲まれるなか勝ち抜き、優勝を果した埼玉県予選!

初出場の緊張もあるかもしれませんが、埼玉県予選では、対戦したすべての学校が全国大会出場経験のある強豪校という厳しい試合を勝ち抜いてきた昌平高イレブンだけに、フレッシュな勢いと強い気持ちで「初出場・初優勝」を期待する声も埼玉県内では高まっているといいます。

新生・昌平となって4期生を送り出した今年の大学入試でも、順当に難関国公私立大学への合格実績を伸ばし、県下で屈指の進学校としての評価を高めつつある同校ですが、中高一貫の第1期生が卒業するときには、さらに大きな躍進を見せてくれることと思います。

その一方で、高校入試では「特別進学コース」のなかに「特進アスリートクラス」を、「標準進学コース」のなかに「選抜アスリートクラス」を設け、スポーツの第一線での活躍をめざしながら、進学(大学受験)にも正面から取り組もうとする“文武両道”の同校が育てるのは、まさに21世紀の「スーパーグローバルアスリート」といってもいいでしょう。

昌平アスリートの存在と活躍!活躍にも期待が高まります!

今回の昌平高イレブンをはじめ、ラグビーなど他の競技に打ち込む生徒のなかからも、6年後の東京オリンピックや、今後のJリーグで活躍を見せてくれるアスリートが出てくるかもしれません。

そして来春2015年以降の中学入試に挑もうとする小学生にとっても、そうした昌平アスリートの存在と活躍は、憧れや目標、あるいは受験勉強の励みになるに違いありません。

東京からはAブロック代表として、国学院大学久我山高も出場します。さまざまな受験準備のスタイルで中学受験に挑む小学生のなかには、この全国高校サッカー選手権大会への出場と活躍を夢見ている子どもたちも少なくないでしょう。そんな子どもたちの胸を熱くするような、私立中高一貫校サッカー部の活躍を見せてほしいものです。