受験情報ブログ

文化学園大学杉並が2/11に特別入試を実施

文化学園大学杉並中学校が同校を未受験の方を対象に2月11日に特別入試を実施することを発表しました。入試科目は適性検査型か自己アピール型より選択でき、特待生の選抜も行います。本日2月5日から試験前日の2月10日までインターネットでの出願が可能です。

続きを読む

適性検査型と自己アピール型から選択可能!!

2018年4月より共学化をし新しいスタートを切った文化学園大学杉並中学校。2019年入試でも多くの受験生を集めましたが、2月11日に特別入試を行うことがわかりました。この特別入試は、既に行われた帰国生入試と2月1日~4日の本校を入試を受験していない方を対象にしており、特待生の選抜も行います。また、試験科目は適性検査型か自己アピール型の選択制で、1日~4日の入試にはなかった科目『自己アピール』が試験科目に入っていることにも注目です。

特別入試の概要

試験日:2月11日(月)
募集人数:若干名(特待生も選抜)
出願方法:インターネット出願
出願期間:2月5日(火)0:00~2月10日(日)16:00
出願資格:初めて本校を受験する方に限る
出願書類:志願票・成績通知表のコピー
試験科目:適性検査型(算数・適性検査Ⅰ)か自己アピール型(算数・自己アピール)
受験料:20,000円
合格発表:2月11日(月)21:00~インターネット発表のみ
入学手続金納付期間:2月11日(月)21:00~2月12日(火)15:00
詳しくは同校のホームページでご確認下さい。

ダブルディプロマプログラムを日本で初めて導入!

同校は2015年度から高校に、カナダと日本の高校卒業資格の両方を取得できる「ダブルディプロマ(DD)」プログラムを日本で初めて導入しました。1つのキャンパスにいながら2つの学校(日本とカナダ)に在籍できるというDDコース、英語で授業を行う科目が週に20時間を超えます。2つのカリキュラムをこなすのは容易ではないようですが、そのハードルをクリアした生徒の英語力の伸張は著しいとそうです。そのほかにも「思考力・判断力・表現力」を育てる「i-プロジェクト」を導入するなど、学校全体で改革に取り組んでいます。

同校の教育を特集した記事を掲載していますので、下記のPDFをご覧下さい。