受験情報ブログ

1/26(土)に東京家政学院中が適性検査型入試対策勉強会を開催

東京家政学院中学校〈東京・千代田区。女子校〉が1月26日(土)に適性検査型入試対策勉強会を開催します...

東京家政学院中学校〈東京・千代田区。女子校〉が1月26日(土)に11:00から「適性検査型入試対策勉強会4+新タイプ入試勉強会」を開催します。

続きを読む

公立中高一貫校の志望者に最適の入試対策説明会&勉強会

東京家政学院中学校〈東京・千代田区。女子校〉が1月26日(土)に11:00から「適性検査型入試対策勉強会4+新タイプ入試勉強会」を開催します。2月1日からの東京・神奈川の中学入試直前に実施される、この「適性検査型入試対策勉強会4+新タイプ入試勉強会」は、公立中高一貫校の志望者に最適の入試対策説明会&勉強会です。

適性検査型入試対策 説明会
適性検査型入試A(九段中等準拠型),適性検査型入試B(共同作成問題準拠型)それぞれの模擬問題について解説します。

新タイプ入試勉強会
また、プレゼン入試,思考力入試,アクティブラーニング入試の新タイプ入試の勉強会も実施します。いずれかのコースをお選びください。

希望者には適性検査型入試A・Bの模擬問題の送付も!
※ご希望の方には適性検査型入試A・Bの模擬問題をお送りします。数には限りがあるため、ご希望の際はお早めにお申込ください。

なお、模擬問題は適性検査型入試対策説明会1(11/10実施)でお渡ししたものとなります。

保護者向け講演「いまなぜ新タイプ入試か?」同時実施

今回の「適性検査型入試対策 説明会4+新タイプ入試勉強会」は、東京家政学院と首都圏模試センターによるコラボ企画の第3弾です。

“小学生の潜在的能力(ポテンシャル)は従来入試だけでは測れない!”、“多様な教育環境(=ダイバーシティ)を創り育てる新たな入試”、“いまなぜ「適性検査型入試」と「新タイプ入試」が必要なのか?”というテーマでの保護者向け講演(約25分)も同時開催されます。

この先、いまの子どもたちが大学を卒業し社会の中軸を担う2030年~2040年には「AI(人工知能)」の進化によって世の中が大きく変化するといわれています。また、それ以前に、来年2020年からは大学入試も大きく変化し、そこで求められる力も変わってきます。

そうした社会の変化に対応し、新たな入試のあり方(評価軸)を先取りしているのが、中学入試における「適性検査型入試」であり、「英語入試」を含む「新タイプ入試」なのです。

今回の対策説明会の「ポイント」

「適性検査型入試A」・「適性検査型入試B」とも、今回の対策説明会の「ポイント」として下記の点が伝えられています。

◎適性検査Ⅰは観点別評価をお知らせします。
◎答案のコピーを入試終了後にお渡しします。
◎解説会を入試当日に実施します。
◎模範解答を即日発表します。
◎特待生制度も充実!!

これだけの振り返りの材料や、公立中高一貫校の「適性検査」本番に向けた対策の参考になるヒントや気づきが得られるこの機会を、ぜひ一人でも多くの公立中高一貫校の志望者(とくに千代田区立九段中等教育学校と東京都立中高一貫校の志望者)に体験していただきたいと思います。

“小学生の潜在的能力(ポテンシャル)は従来入試だけでは測れない!”、“多様な教育環境(=ダイバーシティ)を創り育てる新たな入試”、”いまなぜ「適性検査型入試」と「新タイプ入試」が必要なのか?”というテーマでお伝えする、今回の勉強会は、きっとお子さんの受験に役立つものになるはずです。

なお、英検・英語資格を持つ小学生も大歓迎です!(東京家政学院中の入試には英語特待生の制度もあります)

■本番前の総仕上げの対策の機会に!

小学生と保護者にとっては、適性検査実施日の2月3日(日)のちょうど8日前となる1月26日(土)に実施のため、適性検査本番直前の仕上げと総点検には絶好の時期にあたります。

■東京家政学院中が2019年に実施する「新タイプ入試」とは?

東京家政学院中が「新タイプ入試」とは、同中学校が今春2019年中学入試で実施する、首都圏の女子校では最も多様な入試のなかで、従来からの「4科目入試」や「2科目入試」ではない、①「適性検査型入試(A・B)」、②「英語プラスワン入試」、③「プレゼン入試」、④「アクティブラーニング入試」、⑤「得意2・3・4科目入試」、⑥「得意1科目入試」という、小学生の多様な潜在的能力(ポテンシャル)や強み、得意科目を引き出し、評価して迎え入れてくれる入試です。

今回の1月26日)(土)「適性検査型入試対策 説明会4+新タイプ入試勉強会」では、このなかの「適性検査型入試(A・B)」の対策をはじめ、「プレゼン入試」、「思考力入試」、「アクティブラーニング入試」について体験・学習することができます。

■東京家政学院中では「英検3級以上」の特待生制度も!

東京家政学院中では、すべての入試で特待生を選抜します。その基準は、【特待A:入試での得点率80%以上または英語検定2級以上取得…入学金および授業料全額免除】、【特待B:入試での得点率75%以上または英語検定準2級以上取得…入学金および授業力半額免除】、【特待C:入試での得点率70%以上または英語検定3級以上取得…入学金免除】とされています。

つまり、「英検3級以上」を取得している小学生は、それだけで特待生となれることになります。

■2/2PMには特待チャレンジ入試も!

東京家政学院中では、2月2日午前までの「得意2・3・4科目入試」、「2科入試」、「英語プラスワン入試」、「プレゼン入試」での合格者を対象に、2月2日午後の「2科入試」で「特待チャレンジ入試」を実施します。試験科目は国語・算数の2科目で、前項の特待生基準に達すれば特待生となります。検定料は不要です。

■ご参加の申し込み方法は?

今回1月26日(土)の「適性検査型入試対策 説明会4+新タイプ入試勉強会」のご参加にあたっては、同校のWebサイトに用意されている申し込みフォームから、もしくは告知チラシ裏面にあるFAX申し込み用紙にご記入のうえFAXかお電話での事前お申込みが必要になります。

2月1日からの東京・神奈川の私立中入試のスタートと、2月3日の東京・神奈川の公立中高一貫校の「適性検査」本番の直前という貴重なに行われる、今回の勉強会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?