コラム

八雲学園高校バスケ部が2015インターハイへ!5年連続出場!

八雲学園高校バスケ部が東京都大会で準優勝
2015インターハイへの出場権を獲得。5年連続の出場!

破格の英語教育や米サンタバーバラの英語研修などで知られる女子進学校、八雲学園中学・高等学校〈東京都目黒区・女子校〉は、実は中高ともバスケットボールで、東京都トップレベル、さらには全国レベルの活躍を見せる強豪校です。

続きを読む

八雲学園が東京予選で準優勝!2015年インターハイへ!

その八雲学園高校バスケットボール部が、このほど、5月10日から6月21日にかけて行われた「平成27年度東京都高等学校総合体育大会(インターハイ東京都予選)」で第2位になり、第1位となった明星学園高校、第3位の東京成徳大学高校とともに、7月28日から京都で始ま『2015近畿総体(インターハイ=全国高等学校総合体育大会)』東京都代表として出場することが決定しました。八雲学園高校は5年連続5回目のインターハイ出場になるということです。

進学実績を伸ばしつつ、運動部も全国レベルの活躍!

八雲学園中高といえば、英語教育をはじめ、進路指導、チューター制度、芸術鑑賞という4本の教育の柱が有名で。これらを本物体験で培う感性教育で統合する「総合力」では日本一であるといわれています。その集大成が毎年秋に行われる文化祭で公開されますので、中学受験生と保護者も、その機会を目にして、同校の熱烈なファンになるケースが多いとか…。

そうした一方で、同校の教育の「総合力」は、こうした部活動の活躍にも現れているように思えます。バスケットボールは女子中高生にとっても人気の高いスポーツ。夏のインターハイ出場権のかかった今回の都大会へは計332チームがエントリー。A~Dまでの4ブロックに分けられた予選ではシード校になっていたとはいえ、予選のブロックを勝ち抜き、上位4チームによるリーグ戦で3位に入るのは容易なことではありません。5年連続5回目のインターハイ出場という記録も立派です。

なお注目したいのは、進学校として大学進学の実績も確実に伸ばしながら、一方で、これだけ高い目標を掲げ、全国レベルの活躍を見せる運動部があることです。
ちなみに同校は、空手部の活躍も全国レベル。今年も高3生が個人型でのインターハイ出場を決めているといいます。

卒業生による学校紹介がTVでオンエアされます

また、これは運動部の話題ではありませんが、同校の卒業生である西内まりあさんが、明日6月26日(金)23時から放送される「A-Studio」(TBS)に登場するということです。どんな高校時代を送っていたかなど、笑福亭鶴瓶さんが6月2日に来校し、校長先生が取材を受けたということです。どのように紹介されているのか楽しみです。関心のある方は、ぜひご覧ください。

バスケ部からのメッセージ!

上記のバスケ部員の皆さんからは、「インターハイではチーム一丸となり、優勝目指して頑張って参ります。引き続き応援よろしくお願い致します」というメッセージが、同校の公式フェイスブックページでも発信されています。バスケットが好きな女子とご家族の皆さん、ぜひ応援してくださいね!